メニュー

パニック障害・パニック発作

パニック障害とは、突然、激しい動悸、脈拍が以上に多くなる、震えがくる、息苦しくなる、胸が苦しくなる等の発作がおこり、強い不安感にさいなまれる病気です。死んでしまうかもしれないような発作が生じて、内科受診しても異常がなく、「自律神経のせいでしょう」とか言われるようです。

発作は、10分~30分程度で収まることがほとんどですが、この発作を繰り返すうちに、続けてその発作が再発するのではないか、と恐れる「予期不安」がおこり、発作に対応できない場所に行きづらくなる、「広場恐怖(外出恐怖)」がおこります。電車も苦手になってしまい、ドア付近にいた方が気持ちが楽に感じるようになったりします。

パニック障害を発症すると、以前は前向きだったのに弱気になってしまう方が、結構いらっしゃいますね。なりやすい性格は、完璧主義、几帳面な方と言われますが、実際のところは様々です。

発症時期、再発時期はやはりストレスが影響している印象です。

治療

セロトニンなどの脳内伝達物質のバランスを整える薬物治療が一般的です。栄養素不足の角度からもとらえた方が良い場合もあります。

当院では、それぞれの方の症状に合わせて、適切な治療をご提案いたします。日常生活での工夫もご案内します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME